ペットの椎間板ヘルニアを知って治療を行う

PICK UP

  • 上手く付き合う

    椎間板ヘルニアは、犬にも起こる症状になります。突然歩き方がおかしくなってしまうことがあり、それに気づかず放置してしまうことで悪化し、手術をして治す必要があるといえます。

  • 熱帯魚を飼う

    多くの人がペットを飼っていますが、その中でも熱帯魚も人気を集めている一種といえます。散歩などをさせる必要はありませんが、熱帯魚を飼う際には様々な点に注意して飼う必要があります。

  • 通販で購入

    犬の餌として販売されているドッグフードは、ペットショップなど様々な店舗で購入することが出来ますが通販サイトでも購入することが出来ます。種類が豊富に取り揃えられているため好みの商品を購入することが出来ます。

  • 犬のシャンプー

    犬をお風呂に入れる際、犬専用のシャンプーを使用する必要があります。犬用のシャンプーは、ペットショップなどで購入することが出来るでしょう。また、サロンではシャンプー以外にも健康状態の確認も行うことが出来ます。

大切なペット

犬の椎間板ヘルニアとは

犬は様々な病気や疾患になってしまうことがあります。 その中でも特に増えている椎間板ヘルニアというものがあります。 それは、腰の上の方にある背骨の一部に起こる炎症であり、骨の一部が本来あるべき場所から飛び出てしまうことや、内側に入ってしまうこととなっています。 その様なことが起こってしまうと、ほとんどの場合においては激しい痛みや、身体を自由に動かすことが出来ないなどの様々な運動性の障害が起こってしまいます。 この様な状況に犬がなってしまった時には出来るだけ早い段階で医療機関に連れて行くことはもちろんのこと、それ以上に走る、飛ぶなどの様々な激しい運動を減らすまたは完全に防止することが重要なこととなっています。

治療する方法とは何か

犬の椎間板ヘルニアは人間と同じ原理ではあるものの、身体の構造などから治療方法が大きく変わるものとなっています。 主な方法としては、腰から背中にかけて装具を付けながらある程度固定することや、運動を控えることはもちろんのこと、最近では早く治る方法として、骨の位置を通常通りのものに戻すことが可能となっている手術をすることが一般的なこととなっています。 その様なことがあるために、犬が椎間板ヘルニアになった場合には椎間板ヘルニアを専門的に治療を行ったことがある病院などに行くことが良いとされています。 そうすることによって、しっかりと椎間板ヘルニアを治すことが可能となっているために、早期に治療を始めることが良いとされています。

ブリーダーの利用

ペットを購入する場合、ブリーダーから直接購入することも出来ます。しかし、中には悪質なブリーダも存在し、病気持ちのペットや衛生面をしっかり管理していないペットを販売する人もいるため利用する際には十分に注意しましょう。